ChinaAndWorld 中国と世界をつなぎます。

サプライチェーンの国内調達

Domestic procurement of supply chain

#internationalTrade #Globalsupplychain

 

グローバリゼーションが国際貿易の拡大を促進し続けるにつれて、サプライチェーンのダイナミクスはますます複雑になっています。グローバルなサプライチェーンにより、企業は、商品やサービスを提供する能力に影響を与える可能性のある通貨の変動や政治的不安定性などの多くのリスクにさらされています。

 

この文脈では、企業が国内調​​達の利点を考慮することが重要です。これは、リスクを緩和し、サプライチェーンの効率を改善する上で多くの利点を提供できることです。 このブログでは、国内調達の利点と、企業がそれを実装する際に直面する課題を探ります。

 

国内調達の重要な利点の1つは、サプライチェーンのリスクを減らす能力です。

地元で材料やサービスを調達することにより、企業は政治的不安定性、自然災害、または製品を提供する能力に影響を与える可能性のある他の予期しない出来事による混乱を回避できます。国内調達は、生産プロセスをより強力に制御することもできます。これは、製品の品質を確保し、リードタイムを削減するのに役立ちます。

 

国内調達のもう1つの利点は、コスト削減の可能性です。

材料やサービスを地元で調達することはより高価になるという認識があるかもしれませんが、これは必ずしもそうではありません。地元のサプライヤーと協力することにより、企業は輸送コストを削減し、国際的なサプライヤーから調達する際に利用できない可能性のある規模の経済を活用できます。

 

これらの利点にもかかわらず、国内調達戦略を実施する際に企業が対処しなければならない課題もあります。

たとえば、企業は新しいサプライヤー関係に投資し、国内の調達努力をサポートするために新しいサプライチェーンインフラストラクチャを開発する必要がある場合があります。さらに、場合によっては、地元の競争が不足しているため、国内のサプライヤーとの競争力のある価格設定を交渉することが困難になる可能性があります。

 

結論として、国内調達は、サプライチェーンのリスクの削減や潜在的なコスト削減など、企業に大きな利益をもたらすことができます。

ただし、国内調達戦略を成功させるには、企業はサプライヤーの関係とインフラストラクチャに関連する課題をナビゲートする必要があります。グローバルなサプライチェーンが進化し続けるにつれて、企業はサプライチェーンを最適化し、リスクを緩和するために利用可能なすべてのオプションを検討する必要があります。


コメントを残す

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。


中国からの情報源

広大なイデオロギー的、政治的、経済的、文化的なギャップにより、複雑な中国の製造とロジスティクスをナビゲートすることは困難な作業になる可能性があります。私たちの多文化エリートの専門家があなたの側にいるので、最終的に中国のサプライチェーンの大きな力を自信を持って活用できます。

供給カインソリューションをご覧ください
中国企業が海に行くのを手伝います

企業は、200以上の国と6大陸の地域の社会的、政治的、商業的、経済的、技術的環境を深く理解する必要があります。中国で最も削減された海外技術と実践があり、Cross -border E -Commerce Amazon、Independent Station、Apple App、Androidアプリ、広告マーケティング、海外O2O、検索エンジン最適化、人工知能の分野にいますその他のフィールド。

海に行くビジネスを理解してください